発明情報

提携大学から出てきた発明情報をご紹介しています。
この他にも、提携大学からは沢山の発明・技術が生まれています。
ご関心ある技術がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

ご興味ある方はお気軽にご連絡くださいませ。

075-761-7680

>>お問い合わせ

電気・電子
2017年5月26日 現在
No 更新日 発明名称 発明者 出願番号(出願日) 発明概要
U612
2013/7/19
金属ナノワイヤー不織布、 及び二次電池用電極 松原英一郎(京都大学)他 特願2015-506544 大容量のリチウムイオン電池の電極材としての実用化が期待できる。
U608
2013/6/28
高起電力を有する多価金属蓄電池の開発 市坪 哲(京都大学)他 特願2015-511303 本発明は、高い作動電圧・高エネルギー密度を確保することができることから、電力の貯蔵用の二次電池、ハイブリッド車、電気自動車などに用いられる車載用の二次電池、モバイル機器用の二次電池などとして好適に使用されることが期待される。
U606
2013/4/26
二次電池電極及び二次電池 八尾健(京都大学)他 特願2014-534430 メモリー効果は、放電時にγ-NiOOHが生成することによるといわれており、これまでメモリー効果を完全になくす技術は無かったものの、その発生メカニズムを解明した。これにより、 γ-NiOOHの発生させず、メモリー効果の無い二次電池技術を開発した。
U160
2009/1/26
格子画像の位相解析手法およびそれを用いた物体の変位測定方法ならびに物体の形状測定方法 李志遠、森本吉春、 藤垣元治(和歌山大学) 特願2008-113236 ワンショットで構造物の変形・変位・ひずみ・応用分布を計測します。
U129
2008/10/26
光学的センサ及びその製造方法 鈴木基史、福岡隆夫 (京都大学) 特許第4783907号 連続2方向斜め蒸着法によって異方性表面凹凸を形成し、その上に金、銀などの薄膜を蒸着。ラマン散乱強度が劇的に増大。
394
2005/2/22
無線電力供給システム 篠原真毅、松本紘、 三谷友彦(京都大学) 特許第3777577号 電磁波を放射するアンテナを室内に配置し、アンテナからの電磁波をレクチナで受信するシステム
236
2002/9/22
フッ化ビニリデンオリゴマー薄膜製造方法、及びそれを用いたデバイス 野田啓、石田謙司、堀内俊寿、 松重和美(京都大学) 特許第4755800号 VDFオリゴマー薄膜製造方法、これを用いた強誘電体メモリ、圧電膜カンチレバー、超音波素子、超音波顕微鏡、超音波検出器、超音波診断装置用検出器、光変調素子。